「「あなた」という商品を高く売る方法」

前時代的発想

5年前の発想だよね。
同時進行でいくつか学べばより多くの知識が得られると言うんだけど、10時間ある。一つのことを学べば10の知識を得られる、二つのことを同じウエイトで学べば、関連することがあれば6+6で12になるかもしれない。今求められているのは100の知識があればその先の101か、ゼロの前にあるマイナス1の地点にある知識。そしてGoogle先生に聞けば分かることを誰も求めてはいない。
ブルーオーシャンとかニッチも同じ。市場という名の風船が膨張しているので、隙間はできる。そこで風船しぼんだり割れたらおしまい。

表紙のイラストが可愛いから、いいか。

広告